【理由3選】松本まりかが痛いという声多数!好き嫌い分かれすぎでヤバい!?

女優の松本まりかさんが「痛い」と言われているようです。

松本まりかさんと言えば、多くのテレビCMや人気ドラマに出演している人気女優さんです。

今回はそんな松本まりかさんが「痛い」と言われている理由に迫ってみたいと思います!

スポンサーリンク
目次

松本まりかプロフィール

  • 氏名:松本 まりか
  • 生年月日:1984年9月12日
  • 年齢:39歳 ※2024年3月現在
  • 身長:160cm
  • 血液型:B型
  • 出身地:東京都中野区

松本まりかさんは中学2年生の時に原宿でスカウトされたことがキッカケで芸能界デビュー。

小さい頃から演じることが好きだった一方で芸能界に興味はなかったものの、

「とりあえずやってみよう」という気持ちから女優としてのキャリアをスタートさせました。

17歳当時の松本まりかさん。あまり変わってない!?

2000年に女優デビューし、多くのテレビドラマ、映画、ウェブドラマ、舞台などに幅広く出演しています。

特に「ホリデイラブ」での演技が注目され、SNSでも大きな話題になりました。

ホリデイラブ出演時

また、2019年にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭でニューウェーブアワード女優部門を受賞。

2021年にはORICON NEWSの「2021年 上半期ブレイク女優ランキング」で1位に輝いています。

さらに、千葉県でのさつまいもPRイベントに参加するなど、様々なイベントにも積極的に参加しているようです。

千葉県・熊谷知事と松本まりかさん

代表的な出演作品としては、

【映画】
・ニセコイ
・雨に叫べば
・妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-


【テレビドラマ】
・六番目の小夜子
・純情きらり
・最高のオバハン 中島ハルコ


【声優】
・蒼穹のファフナー
・FINAL FANTASY X
・ミス・ターゲット

などがあります。

CMにも引っ張りだこの人気女優の1人であり、これからの活動も大いに期待されます。

松本まりかが痛いという世間の声

そんな松本まりかさんに対して一部では「痛い」という声が上がっているようです。

ここでは、なぜそのように言われるのか、SNSなどの実際の声を見ていきましょう。

Yahoo知恵袋より引用

SNSやネット掲示板ではこれらのように「嫌い」、「痛い」といったマイナスの声が上がっているようです。

ではなぜこのような声が多く上がっているのか?

理由について見ていきたいと思います。

松本まりかが痛いと言われる理由3選

松本まりかさんが「痛い」と言われている理由について、簡単に説明します。

松本まりかが痛いと言われる理由①:声が苦手

理由の1つ目は「声が苦手」という人が一定数いることです。

松本まりかさんは39歳とは思えないような若くてかわいらしい声を発することで有名ですが、

一部の視聴者からは「声が苦手」という意見があるようです。

https://twitter.com/OuttaStr8/status/1367048663092973569?s=20

声が特徴的であることから、どうしても目立ってしまい

「ぶりっ子」という表現もされているようです。。

ただし、これに関しては松本まりかさん自身は「ぶりっ子」と言われることに対してコンプレックスを抱えているようです。

女優、松本まりか(36)が10日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演し、自身のキャラクターに関して本音を漏らした。

 2018年のテレビ朝日系ドラマ「ホリデイラブ」で見せた演技から「あざと可愛い」が彼女の代名詞なった。この件について水を向けられると、「あざと可愛いですか?」と切り出し、頬杖をつきながら考える様子。「そういうところ!」とツッコまれつつ、「正直、そういうあざと可愛いとか、ぶりっ子だとか。私、ぶりっ子っぽいじゃないですか、それ言われるのがコンプレックスで」と率直に語った。

スポニチアネックスより引用

最近では「あざとい」という言葉は必ずしもマイナスの印象ではなくなってきていることから、

松本まりかさんの特徴的な声が好きな視聴者も多くいそうな気はしますね。

松本まりかが痛いと言われる理由②:あざとい、狙っている感が出ている

演じるキャラクターや公の場での振る舞いが、「あざとい」とか「計算されている」と感じる人もいるようです。

しかしこのような印象は、彼女の特定の演技やメディアでの発言に基づくもので、人によって受け取り方が大きく異なります。

人気番組『情熱大陸』に出演した際にも「あざとい役も怪しい役も演じきる」と紹介されていることから

女優としてむしろ演技の幅が広いことの評価を受けているという見方もできますね!

松本まりかが痛いと言われる理由③:”痛い役”が多い

役柄に、いわゆる「痛い役」が多いという指摘もあります。

これは、社会的に不器用であったり、過剰なほどに感情的であったりするキャラクターを演じることが多いことに起因しています。

これらの役は、演じる側にとっては大きな挑戦であり、彼女の幅広い演技力を示す機会でもありますが、視聴者によっては「痛々しい」と感じられることもあるようです。

ただこういったオファーが絶えないこと、そしてオファーを受け続けていることに女優としてのプロ意識を感じますね。

松本まりかが好きという声も多い!

松本まりかさんに対して「痛い」という声がある一方で、実は「好き」という声も非常に多いです。

やはり「ファンはしっかり見てくれている」ということでしょうか。

人気タレントの宿命として、批判的な声はあるものの「好き」という好意的な声はかなり多かったです!

ちなみになぜ多くの人が彼女を好きなのか?その理由や根拠、そして実例を通して見ていきましょう。

まず、松本まりかさんの演技力に対する賞賛は非常に大きいです。

松本まりかさんは多様な役柄を演じ分けることができ、そのたびに視聴者を魅了しています。

特に、感情表現が豊かで、視聴者が感情移入しやすいことが挙げられます。

また、松本まりかさんのナチュラルな演技は、国内外の映画祭で評価されており、その演技力は信頼できる機関からも認められています。

実例としては、ドラマ「妖怪シェアハウス」での演技が挙げられます。

このドラマでは、彼女は主人公を演じ、妖怪たちと共に成長していく姿を見せ、多くの視聴者から愛されました。

また、彼女がSNSで見せる素顔も、ファンからの支持を集めています。

親しみやすい日常の投稿からは松本まりかさんの人柄を窺い知ることができ、多くのファンを獲得しています。

結論として、松本まりかさんが好きという声が多いのは、演技力の高さ、多様な役柄への挑戦、そして親しみやすい人柄にあるのではないかとおもわれます。

松本まりかさんの出演する数々の作品に触れることで、多くの人がポジティブな影響を受けているのではないでしょうか。

まとめ

今回は「松本まりかが痛いと言われる理由」について見てきました。

キャラクターの特徴、プロフェッショナルな仕事、そして世間の認識の3つの観点から掘り下げてきました。

  1. 声の独特さが苦手と感じる人も
  2. 演じる役柄のあざとさが印象的
  3. 痛い役を多く演じることも一因

しかし、松本まりかさんが好きという声も多く、好き嫌いが分かれやすい女優さんという見方もできそうです。

松本まりかさんに対して「痛い」という声がある一方で、演技や人柄が好きというファンも多いことを忘れてはいけませんね。

松本まりかさんの今後さらなる活躍に期待です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次