【キックバックは文化】鈴木淳司前総務相に批判殺到!世間の声まとめ

スポンサーリンク

前総務大臣の鈴木淳司議員が5年間で60万円のキックバックを受けていたことを明らかにしました。

12月15日報道陣に対して、

この世界で、文化と言えば変だが、そういう認識があった

とコメント。

この発言が物議を醸しているようです。

世間ではどのような声が上がっているのか調査しました!

スポンサーリンク
目次

鈴木淳司前総務相の「キックバックは文化」発言とは?

12月15日報道陣に対し、愛知7区選出の鈴木淳司前総務大臣は、

派閥(安倍派)から2018年~2022年の5年間で総額60万円のキックバックを受け取っていたにも関わらず、

収支報告書に記載していなかったことを明らかにしました。

「収支報告書に記載していなかった」というのは、

わかりやすく言えば『ポケットマネーにしていた』可能性が高いと言えます。
(※ちなみに使途は「保管していた」と説明しています)

鈴木淳司前総務大臣

鈴木淳司氏は 「認識の違いがあったとはいいながら、これまでの会見での発言について誤解を生じる部分があったので心より深くおわび申し上げたい」 と発言。

さらに「この世界で、文化と言えば変だが、そういう認識があった」とコメント。

この言動にSNSで非難が集まっているようです。

どのような意見があるのかを見ていきましょう。

鈴木淳司前総務相に批判殺到!世間の声まとめ

鈴木淳司前総務相の『キックバックは文化』発言に対し、

SNSでは「腐ってる」、「不倫は文化みたいに言うな」といった痛烈な批判が殺到しているようです。

鈴木淳司前総務相に対する声①:自民党は腐ってる、麻痺してる

キックバック(裏金)を「文化」と言ってしまったことに対して、その感覚を疑う声が多く見られました。

特に、党員が「文化」という感覚を持ってしまっている自民党そのものに対する批判の声が目立っています。

“裏金を裏金とも思わず「文化」とまで錯覚する異常が蔓延”

たしかにこの指摘のとおり、『政治家として当たり前の風習』のような表現をしてしまっているところが気になりますね。

しかも政治資金を所管する総務省の大臣を務めていた人物からこのような発言が出ることから、

多くの人が闇の深さを感じてしまうのは当然と言えるかもしれません。

この件に関しては小沢一郎氏もSNSでコメントしています。

自民党は腐っていると同時に狂っているとまでかなり強い論調で鈴木淳司前総務相を糾弾していますね。

しかもキックバックで受け取った金額については、派閥から「収支報告書には記載しないで」という指示があったことが報道で明らかになっています。

自民党に対する批判の声はさらに高まることが予想されますね。

鈴木淳司前総務相に対する声②:政治家としてどうなの?

鈴木淳司前総務相の政治家としての資質を疑問視する声も多く見られました。

文化という言葉で表現してしまう鈴木淳司前総務相個人の感覚を疑う声が多かった印象です。

今後は国民から、議員としての資質もかなり厳しく問われることになりそうですね。

鈴木淳司前総務相に対する声③:「不倫は文化」みたいに言うな

意外と多かったのが、「不倫は文化みたいに言うな」という、ちょっとネタ的な投稿です。

これは1996年に俳優の石田純一さんが不倫報道で連日話題になった際、

石田純一さんが報道陣に向かって発言した(とされている)名言になぞらえたものと考えられます。

もう30年近く前の話ですが、アラフォー以上の世代はこのときの名言『不倫は文化』が思い出されたようですね。

まぁこの手のSNS投稿はウケ狙い的な要素も含んでいると思われますが、

今回の鈴木淳司前総務相の『キックバックは文化』発言は、

当時の石田純一氏と同じように連日国民から厳しい目が向けられる事態に発展しそうですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次